忍者ブログ

川原田塗装のブログ

地元で50年以上塗装業を営んでいる会社です。解りにくい塗装の世界をなるべく日常目線でお伝えしていきたいです

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
連日の暑さですが、皆様お体のお加減如何でしょうか??
熱中症もさることながら、夏バテも心配です。。
食べれるときにこまめに栄養を取って暑い夏を乗り切りたいですね!
そんな我が家は昨晩インデアンカレーお持ち帰りしました♪
暑いから台所を使いたくない、簡単に済ませたい、でもおいしいもの食べたい!
そんな時は、頼れる名店の味に頼っても罰は当たらないと思います!
というよりおいしかったです!夏のカレーって本当においしく感じる!
あ、年中ですね(笑

話はそれましたが、タイトルにもあるように帯広市の住まいの助成制度
2回目の募集が始まっております。
募集内容な前回と同じなので、前回のブログを参考にしていただけると幸いです。

前回はまさかの抽選なしという結果に、心なしかお申し込みが増えている気がします。。

それでも、当たれば5万円分の助成金ということで!
これは大助かりです♪

当社では、助成に必要な家の写真や書類など揃えさせていただいております。
またご希望のお客様には市役所まで提出代理もさせていただいております。
平日は仕事があるし、や、暑い中で歩くのは。。と躊躇されている皆様
是非当社までお見積もりは無料です♪

尚、大変ありがたいことにただ今工事が込み合っております。。
職人一同真っ黒こげになるほど頑張っておりますが、一軒一軒
真心こめて丁寧にお仕事させていただいておりますので、なかなか
思うように進んでおりません。。
ご契約いただいた皆様にお待たせしてしまう現状にあり心苦しい中では
ありますが、丁寧に仕上げるのがモットーでございます。
何卒ご容赦頂けると幸いです
当社といたしましても、少しでも進んでいくよう引き続き頑張らせて頂いております。

拍手[0回]

PR

H29年度の帯広市の住まいの助成金制度の概要が発表されました。


今年も3回の募集があります。

第1回募集:平成29年 5月 1日(月曜)〜5月12日(金曜)

第2回募集:平成29年 7月 3日(月曜)〜7月14日(金曜)

第3回募集:平成29年 9月 4日(月曜)〜9月15日(金曜)

  昨年までとは制度が一部変わった部分がありますのでご注意ください

昨年度からの変更点

・現在入居していなくても入居する予定がある家への改修工事も

 認められました。(入居後の確認あり)

・助成金5万円は地域振興券での支払いではなく現金での振り込みとなりました。

・世帯の総所得が550万円以下の方となりました。

 (世帯主ではなく世帯全員の総所得となります)

・昭和56年5月31日以前に建築された住宅(旧耐震基準の住宅)については、

 帯広市で行う「無料耐震簡易診断」をうけなければなりません。 

※確認申請図面等 現在居住されている住宅の図面がない場合は

 固定資産税課(2F)にて図面資料を提示の上建築指導課(6F)にて

 お手続きができます

(尚、コンクリートブロック造・一部特殊木造他では

 図面の対応がない場合もございますがこの場合は耐震診断のみ適用外となり

 助成事業への抽選は可能です)

以上が変更点です。 ご注意ください。

申請の書類は当社でもご用意してありますので

塗り替え、リフォームをご検討の方はぜひ ご参考にしてくださいませ♪

参考

帯広市HP

http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/toshikensetsubu/kenchikushidouka/a13jutaku-jyoseireform.html

拍手[1回]

帯広市による 住まいの改修助成事業 第三回目が
9月5日より 応募開始となります。

期間は9月5日から16日まで

帯広市内在住の方で
10万円以上の市役所が定めた対象工事にたいして5万円分の
地域商品券が抽選で当たります。
(*当社では工事使用は出来ません。申し訳ありません)

詳しくは
帯広市役所
こちらのリンクでご確認ください。

なお、当社ではお見積り対象者様にこちらの手続きを
無料にて行っております。

チャレンジしてみたい
塗り替えしたいと思っていた

というお客様がいられましたらお気軽にご相談ください。

前回、前々回は募集150のところ倍ちかい申し込みがあったそうですが
今回は果たして・・・!?

5万円分の商品券は大きいですよね!

ぜひご検討ください

拍手[0回]

長かった春雨もようやく収まり、短いですが
北海道でも夏本番がきましたね!

長雨で遅れてしまった工事分を取り戻すため、当社員は
毎日真っ黒になって頑張ってくれております!

さて、今日は 塗装工事は誰に頼む? という問題です。

本当にこの問題はとても多くて、当社にも時々寄せられる悩みです。

もちろん、当社は塗装会社です。
それでも別会社からの見積もりを取ったお客様からのご相談があります(^^;

お客様のご心配の種は主に

1.適正価格か (この質問が半数以上を超えます)

2.適正工事内容か

3.どんな業者なのか

という部分です。

何をもって適正とするか という課題があります。

値段につきましては当然各社様の考えがあり
信念がありますので一概に 高い安い等とは言えません。


信頼がおける業者かどうか



これが 一番の指針となります。

では信頼がおけるとはどういうことか

1.見積もり内容をきちんと説明してくれる会社であること
 
これは見積もり内容でわからない箇所、用語などを
尋ねた時にちゃんと説明してくれる業者であることです


2.塗装に対してどういう施工体制をとるのか答えてくれる会社であること

これは、どんな職人が何人来て何日間かかるのかということを
きちんと説明してくれる会社であることです。
中には、地元ではない遠方からの応援で賄う会社もあるので
きちんと聞いてみることです。


3.自宅のコンディションを考えてくれる会社であること

住宅の塗り替えといえど、その家々により状況は様々で使う材料も
様々です。下地の状況、住んでいる家の傷み具合により
することも変わります。
そのうえできちんと家を見てくれているのか提案してくれるか
そういう親身になってくれる業者であることが重要です


以上を書きましたが、いかがでしたでしょうか?

何社も見積もりを取ってわからなくなるケースもあります。
そういった場合はぜひ、信頼関係の築ける会社に頼むのが一番です。

値段のことで前回はひどい思いをした というご相談はほとんどありません




技術的なことや、アフターを頼もうと思ったらいなかった

本来はこういう工事じゃないほうが良かった

など

工事内容でのご相談が圧倒的に多い不満です。

そういった状況にならないよう 納得がいく説明を受けられ
気軽に相談できる業者選びが必要だと思います。

ご参考になれば ぜひ。

拍手[0回]

北国の冬もようやく春が見えてきました。

雪が随分溶けたり、虫もちらちら見られるようになりました。

もうそろそろ屋外塗装のシーズンを迎えます★

塗装屋としての宿命?というか何というか

この業界は信用が一番で、それが難しいというのが現状です。
何十年もこの問題に携わり、改善を試みておりますが世間の印象や
塗装と言う仕事に対するイメージなど、大きな弊害があり先に進むのは
残念ながらそう容易なことではないです。。

塗装業と言うと怖い、どれだけお金を取られるか心配だ
暴利なのか、ちゃんとした仕事をしてくれるのか 等と言う不安が
付きまとうかと思いますが、そう言った問題を一つずつ解決して行こうと
こちらのブログでも紹介させていただきます。

決して当社だけの想い出は無く業界全体の課題に近いと思っております
そんな中、今日ご紹介するのはこちらの資格

↓日本塗装工業会が登録しました、国土交通省の住宅リフォーム
事業者団体です


国が認めてくれたリフォーム事業団体が登録可能です。
国土交通省リフォーム事業

このように国を挙げての事業者登録でより安全安心を御提供するという
プランになります。

塗装には、標準的な工事価格と言うモノが存在しません
これは建設業、土木業などにも当てはまります
(サービス業などにもあてはまりますが)

だからこそ不安な気持ちになるのかと思いますが
そういう不安な部分は御見積りいただいた際に一つ一つ
なるべく丁寧にお答えいたしております。

どうぞお気軽にごれんらくくださいませ♪

拍手[0回]

プロフィール

HN:
no1
性別:
非公開

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 川原田塗装のブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]